ふくろうは「福来朗」?「不苦労」?幸運を呼ぶ吉鳥

少しおどけたように、片足をひょこっと上げたふくろうと、取り巻くように咲き誇る四季の花々。その一つ一つに「幸せがありますように」との願いを込めた柄です。

 

まゆ毛のような羽、羽角(うかく)が立派なお父さん、羽角が顔の横について優しげなお母さん、子供は片足を上げてどんぐりでも蹴っているのでしょうか。幸せそうなふくろう一家が並んでいます。ふくろうは「福来朗」や「不苦労」などの字があてられる幸運を呼ぶ吉鳥。ヨーロッパでは知恵の象徴とされています。取り囲む花々も縁起の良い意味を持っています。

菊・・・長寿を象徴します。花言葉は高貴

花水木・・・花、実、紅葉と三拍子揃って美しく、女の子の成長を願う縁起木

百合・・・すらりとした姿から、美しい女性にたとえられます

桜・・・日本を代表する花、満開の桜は豊作を意味します

梅・・・慶事を象徴します。別名、春告草。

福寿草・・・福を呼ぶおめでたい花、別名、元日草、

りんどう・・・健康と長寿を願う花、花言葉は愛情

月桂樹・・・勝利と栄光の象徴

 

カラー展開:サンライズ(ピンク系) サンセット(モノトーン系)

 

 

 

2018-05-01T20:12:13+00:002018年 5月 1日|